物件探し

リフォーム中の「仮住まい」ってどうすれば良い?範囲と期間で決める方法と注意点。

リフォーム期間中に仮住まいを借りたいけれど、どんな物件を借りれば良いかわからず悩んでいませんか?

実は仮住まいは範囲と期間で探し方や注意点が異なります。

なぜならリフォームをする範囲によっては仮住まいを探す必要がないケースや、入居期間に適した物件を選ばなければ家賃が割高になるなどの注意点があるからです。

入居する条件によって探し方や注意点が異なるため、私が仮住まいのスムーズな探し方を知らないうちは、なかなか見つけることができませんでした。

この記事では仮住まいを選ぶポイントと仮住まいが本当に必要であるのかをまとめます。

最後まで読めば簡単に仮住まいを見つける方法や、仮住まいの生活での注意点も知ることができます。

Contents
  1. 自宅リフォーム中は「仮住まい」が必要?生活できるかがポイント!
  2. リフォーム中の「仮住まい」重要ポイント【2選】
  3. リフォーム中の「仮住まい」注意点【4選】
  4. リフォームでの「仮住まい」を簡単に見つける方法【2選】
  5. 「仮住まい」をリフォーム業者から紹介してもらえる【2つのパターン】
  6. 「仮住まい」はリフォーム業者の紹介が楽?メリット・デメリット解説
  7. リフォーム業者紹介の仮住まいで【失敗しない方法】
  8. 「仮住まい」を紹介してくれるリフォーム会社を探す方法
  9. リフォームでの「仮住まい」まとめ

自宅リフォーム中は「仮住まい」が必要?生活できるかがポイント!

リフォーム中に仮住まいが必要な場合とそうでない場合があります。住むことができない程の大規模なリフォームの場合は、仮住まいを検討しなければいけませんが、屋根や外壁などの一部分を改修する部分リフォームの場合は仮住まいの必要はありません。

ただし、リフォーム中に生活に支障が出でしまうような場合は対策が必要です。例えば、浴槽をリフォームする場合は、数日間の間は銭湯を利用する。洗面所やトイレが使用できない場合はホテルに宿泊をするなどの対策が必要です。

リフォーム中の「仮住まい」重要ポイント【2選】

入居期間に適した物件を選択できずに費用が割高になってしまう場合や、荷物量が多い場合は、トランクルームの利用などで別途費用がかかってしまう場合があります。重要なポイントを抑えて仮住まいを選びましょう。

入居期間によって適した物件を選ぶ

仮住まいの入居期間が半年未満の場合であれば、週や月単位で契約ができるマンスリーマンションやウィークリーマンションの利用をおすすめします。長期間契約の必要がないため、違約金を取られることなく短期間で住むことができます。また、敷金や礼金が無く水道光熱費も家賃に含まれているので費用を抑えることができます。しかし、半年以上の入居を希望する場合は、おすすめできません。なぜなら週、月単位の賃料が割高なためです。建て替え期間が半年以上の場合であれば、一般の賃貸物件より出費が多くなってしまいます。

もし、大規模リフォームや建て替えなどで長期間の入居が必要な場合は賃貸物件を探してみましょう。初期費用がかかるケースが多いですが、最近では、敷金礼金が無料の物件もあります。契約期間も自分の条件と合っているかを確認しながら探してみましょう。

その他に、入居期間が長期間でも短期間でも住む事ができるUR賃貸という物件があります。UR賃貸物件とは一般的な賃貸住宅と違い、公的な機関が管理している住宅です。様々な特徴やメリットを持っている物件のため、人気が高いです。

UR賃貸物件が仮住まいに適している理由は、短期間の入居であっても短期違約金がかからないことです。退去予定日の2週間前に退去手続きをすれば解約ができます。また、1ヶ月単位で家賃が発生する一般賃貸とは違い、UR賃貸は日割りで家賃が発生するので、実際に使用している期間の家賃のみの支払いで済みます。

もし、UR賃貸で1年以上の長期間の入居を希望する場合はフリーレント付きの部屋を探してみましょう。1年以上の入居であれば1ヶ月のフリーレント、2年以上の入居で2ヶ月のフリーレントが付いてくる物件があります。

仮住まいに必要な期間はこちらの記事で詳しく解説しています。
>>「仮住まい」期間をケース別に解説【建て替え・リフォーム・新築】延長する場合は要注意!

荷物量が多い場合は?

マンスリーマンションやウィークリーマンションの場合、3人以下の世帯や単身向けの物件が多く、あまり広い部屋はありません。家具家電などが備え付けられているので、そのまま入居できるというところが良い点ですが、部屋が狭いので、手持ちのものが多い場合はトランクルームなどの預かりサービスが必要になります。

しかし、トランクルームの費用は意外と高額です。家財道具すべてを預けるとなると賃料の他に2万円~10万円ほど費用がかかります。そのため、広い部屋で家具・家財と一緒に仮住まい生活を送るのがおすすめです。

UR賃貸ではファミリータイプの物件は部屋が広く大型の部屋も多いです。そのため荷物を置くことができるスペースも部屋内で確保ができます。

仮住まいの荷物を減らす方法はこちらの記事で詳しく解説しています。
>>「仮住まい」荷物を減らす【3つの方法】とメリットを徹底解説!

リフォーム中の「仮住まい」注意点【4選】

仮住まい中は、近隣住民への配慮や盗難の対策が必要です。生活で注意すべき点を確認しましょう。

注意点
  • 近隣住民に配慮する
  • 部分リフォーム中の鍵管理
  • 部分リフォーム中の貴重品管理
  • リフォーム中の空き巣に注意

近隣住民に配慮する

リフォームが始まると、振動や音、においなどが発生します。普段の生活にはないものが発生するので、近隣トラブルのリスクを抑えるためにも事前に工事期間などを近隣住人に伝えておきましょう。

部分リフォーム中の鍵の管理

リフォームの工事中に家を留守にする際は、リフォーム業者に鍵を預けて工事を進めてもらいます。トラブルを避けるためにも受け渡しの証明をする鍵の預り証を発行してもらいましょう。

部分リフォーム中の貴重品の管理

部分リフォーム中に貴重品が盗まれないように対策をしましょう。細かい貴重品などは鍵付きのスーツケースに保管し、骨董品などの大きなものは引っ越し業者の一時預かりサービスやトランクルームやレンタル倉庫を利用しましょう。

リフォーム中の空き巣に注意

リフォーム中は複数の業者が出入りをします。業者のふりをして空き巣に入る人もいるようです。そのため、リフォーム業者と防犯対策をお互いに協力しながら行う必要があります。どんな業者の人が来るのかなどを事前に話し合いましょう。

リフォームでの「仮住まい」を簡単に見つける方法【2選】

一般賃貸で仮住まいを探そうと思ってもなかなか見つかりません。どの探し方が仮住まいを簡単にみつけることができるのかを調査してみました。その結果、工事を依頼する会社に紹介をしてもらう探し方や、仮住まい探し専門サイトで検索をする探し方で比較的簡単に見つけることができることがわかりました。それぞれの特徴や便利な点を解説していきます。

リフォーム業者に紹介してもらう

施工期間中の仮住まいを用意してくれるところや、不動産会社と提携をしているところもあります。個人的に物件を探すより、契約工務店から不動産会社を紹介してもらう方がスムーズです。また、初期費用を割引いてもらえる場合や入居期間を柔軟に対応してもらえる場合があるため、工事を依頼する会社に相談をしてみるのもおすすめです。

リフォーム業者に仮住まいを紹介してもらうメリット・デメリットはこちらで詳しく解説しています。
>>リフォームの「仮住まい」を超簡単に探す方法。業者紹介が超楽な理由と注意点を徹底解説

仮住まい探し専門サイトで探す

仮住まい探し専門サイトは、自分に合った条件を入力し検索することができます。例えば、契約期間や予算、通勤時間からの検索も可能です。空室状況や疑問点などは不動産管理会社に電話で直接問い合わせができます。不動産会社を転々とするよりもインターネット上で条件を絞り込み検索をした方がスムーズです。

仮住まいをネット検索で探す方法はこちらで詳しく解説しています。
>>「仮住まい」ネット検索で探すメリット・デメリット【おすすめ検索サイト5選】

「仮住まい」をリフォーム業者から紹介してもらえる【2つのパターン】

リフォーム中の仮住まいの選択肢には、「マンスリーマンション」「ウィークリーマンション」「一般賃貸物件」「UR賃貸住宅」など様々あります。リフォームプランニングと同時進行で仮住まいを探すのは大変です。

自分で探さなくても、リフォーム業者の紹介で仮住まいを紹介してもらう方法があります。紹介してもらえる仮住まいの中でも、初期費用や契約までの手続きが大きく異なります。なるべく費用を抑えて楽に仮住まいを探すために、まずは紹介物件にどのような違いがあるかを理解しましょう。

繋がりのある不動産会社を経由する【短期賃貸仲介】

リフォーム業者と繋がりのある不動産会社を経由して、一般の賃貸物件を紹介してもらう方法です。不動産会社とリフォーム業者は仕事上で関わることが多い為、リフォーム業者の信頼する不動産会社にお願いできます。リフォーム業者を通して仮住まいの希望条件を伝え、不動産会社から短期賃貸OKな物件を紹介してもらいます。

直接不動産会社に行かなくても紹介してもらえますが、内見や契約は不動産会社と直接やり取りが必要になります。初期費用は、一般賃貸物件の場合、敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・鍵交換費用・保証会社利用費等の合計で家賃5ヵ月~6ヵ月分がかかります。また、初期費用だけでなく、退去時の原状回復費用・クリーニング費用がかかることも覚えておきましょう。

リフォーム業者が不動産会社を兼業する【仮住まい専用自社物件】

リフォーム業者と不動産会社を兼業していて、「仮住まい専用自社物件」を紹介してもらう方法です。リフォーム中の仮住まい専用に自社物件を持っている会社があります。不動産事業とリフォーム業者が同じ会社もしくはですので、リフォームプランニングしながら一緒に契約まで済ませることが可能です。

家賃はリフォーム費用に含まれているため、初期費用も家賃もかからず仮住まいを提供してもらえるケースもあります。「仮住まい専用自社物件」なら、電気・水道・ガスなどのライフランの面倒な変更手続きなしで、使った分だけ後日まとめて清算できます。ただ、仮住まい専用自社物件を提供するリフォーム業者は多くないため、希望エリアに自社物件がない場合もあるので、事前に確認が必要です。

仮住まいを無料で貸してくれるリフォーム業者はこちらで詳しく解説しています。
>>「仮住まい」が無料・超安で借りられる工務店・リフォーム会社を紹介【全国版】

「仮住まい」はリフォーム業者の紹介が楽?メリット・デメリット解説

リフォーム業者が紹介してくれる物件に仮住まいするメリット・デメリットを紹介します。仮住まいを快適にスタートするために、気を付けるべき注意点もあわせて確認していきましょう。

リフォーム業者紹介の仮住まい【メリット3選】

メリット
  • 不動産会社を自分んで回らなくてよい
  • リフォームと仮住まいを一緒に相談・契約できる
  • ライフラインの手続きが不要な場合がある

不動産会社を回らなくて良い・時短・手間が省ける

仮住まいは短期間限定で賃貸を借りることになります。大家さんとしては、長期的に住んでくれるほう安定して収入が入るため、短期賃貸は断られてしまうことが多いです。何件も不動産会社を巡り、探して断られてを繰り返す時間と手間がもったいないです。リフォーム業者紹介なら短期賃貸OKな物件を大前提として紹介してくれるから無駄な時間と手間が省けます。

自社物件ならリフォームの相談と同時進行で仮住まいも契約できる

リフォーム業者紹介の「短期賃貸仲介」と「UR賃貸」の場合は、内見と契約を自分でする必要がありますが、「仮住まい専用自社物件」を持っているリフォーム業者であれば、リフォームの相談と同時進行で仮住まいの内見から契約まで進めることができます。一切不動産会社に行かずに、内見も契約もリフォーム業者に寄ったときに済ませることができます。リフォームの工期がずれた場合は、工期が延びた場合にも柔軟に対応してくれるのも「自社物件」ならではのメリットです。

自社物件ならライフライン・ネットの手続き不要

仮住まいに引っ越すにあたり、電気・水道・ガスの開通手続きだけでなく、インターネット環境の確認・回線工事が必要なケースもあります。「仮住まい専用自社物件」なら、電気・ガス・水道・高速インターネットが使える状態が整備されていて、入居後すぐに使い始めることができます。

仮住まいから自宅に戻るときも同様の手続きが必要になりますので、ライフラインの手続きが省けるのは助かりますね。また、仮住まいに入りきらない家具や家電の保管先として提携倉庫も紹介してもらえるため、トランクルームを自分で探さなくていいのもメリットです。

「仮住まい」で必要な手続きはこちらで解説しています。
>>「仮住まい」に住む時の【手続き】を徹底解説。一括依頼できるサービスもおすすめ!

リフォーム業者紹介の仮住まい【デメリット3選】

デメリット
  • 選べる物件数が少ない
  • 紹介してくれう業者が少ない
  • 短期賃貸仲介・UR賃貸は自分で手続き

選べる物件数が少ない

ファミリー物件は、一人暮らしの物件と比較して総数が少なく、長期的に住む方が多い為、空きが出にくい間取りです。リフォーム業者からの「紹介短期賃貸」や「UR賃貸」もファミリー物件は件数が少ないのが現状です。また、「仮住まい専用自社物件」は最近出てきたサービスです。そのため、物件数がまだ限られています。希望エリア内に物件がないケースもありますので気を付けたいポイントです。

リフォーム業と不動産業の兼業が少ない

「仮住まい専用自社物件」を希望する場合、リフォーム業と不動産業を兼業している会社が少ないのが現状です。不動産業を兼業しているリフォーム業者でも「仮住まい専用自社物件」を持っている会社は限られます。不動産業を兼業していても「仮住まい専用自社物件」を持っていない場合は、「仲介」の初期費用等がかかる場合もありますので気を付けましょう。

「短期賃貸仲介」と「UR賃貸」は自分で手続きが必要

リフォーム業者に短期賃貸が可能な部屋を紹介してもらうことで探す手間が省けますが、「短期賃貸仲介」・「UR賃貸」の場合は、自分で内見や契約の手続きを行う必要があります。また、契約時だけでなく、退去の手続き(退去申請・退去立ち合い・原状回復見積り・敷金精算等)も必要です。

リフォーム業者紹介の仮住まいで【失敗しない方法】

リフォーム業者紹介の仮住まいで失敗しないために、日程・お金・エリアなどの注意点を確認しておきましょう。

引っ越し時期から逆算して探す

スムーズにリフォームが開始できるように余裕を持って探し始めましょう。余裕を持ちすぎても、仮住まいに無駄な家賃を払うことになりますので、引っ越しの1ヵ月半~1ヵ月前には仮住まいを探し始めるのがおすすめです。

学校に通える範囲か確認

仮住まいからお子様が学校に通える範囲か確認しましょう。仮住まい中は、今通っている学校にそのまま通学することがほとんどです。徒歩で安全に通えるのか、電車を使わなければ通えないのか、送り迎えが必要になるのかなど、安全に通学できるよう通学路も確認しておきましょう。

リフォーム業者紹介の物件契約形態を確認

一番最初に紹介した通り、リフォーム業者が紹介してくれる物件の中にも種類があります。特に仲介の場合は初期費用・退去時クリーニング費用などの返ってこない金額が大きくなりますので確認しましょう。なかには、短期違約金が発生するケースもありますので、契約書の内容もよく確認することが大切です。

インターネット環境を確認

仮住まいの短期間でもインターネット環境を確認しましょう。インターネット回線が通っていない場合、仮住まいのために回線工事をしなければならないケースもあります。Wi-fiを借りる場合も、最低契約期間や短期違約金が発生するプランが多いですので、仮住まいの期間に合わせたプランで契約しましょう。

仮住まいで利用するインターネット・WiFiについてはこちらで詳しく解説しています。
>>「仮住まい」ネット回線・Wi-Fiの選び方と【おすすめ3選】

見積りをとる

リフォーム業者紹介の仮住まいで迷った場合は、見積りの作成をお願いしましょう。複数件比較すると金額も大きく異なることがわかります。一件だけで決定するのではなく、比較することで最適な物件が選べます。見積りには引っ越し費用が含まれていないことが多い為、引っ越し業者も複数社比較して決めましょう。

退去申請期間を確認

仮住まい退去日の2週間~2ヵ月前には、管理会社に退去通知を出す必要があります。一度退去通知を出したあとに退去日を変更できない場合もありますので、工期が延びる可能性も考えて退去通知を出すタイミングを見極めましょう。

「仮住まい」を紹介してくれるリフォーム会社を探す方法

地域密着の地元のリフォーム会社や大手メーカーのリフォーム会社など、様々なリフォーム業者があります。どの会社でも仮住まいを紹介してもらえるのか、探し方と確認方法をご紹介します。また、「仮住まい」の初期費用を抑える交渉術と、紹介された仮住まいを決める前の最終確認事項も確認していきましょう。

リフォーム業者はどの会社でも「仮住まい」を紹介してくれる?【確認方法】

基本的に「短期賃貸仲介」と「UR賃貸」は、どのリフォーム業者でも紹介可能です。ただ、仮住まいの紹介に積極的ではないリフォーム業者もありますので、事前に確認が必要です。不動産事業を兼業しているリフォーム業者は積極的に仮住まいの紹介をしてくれます。仮住まいを紹介可能かの確認方法として、電話・メール・来店など直接確認するのが確実です。

問い合わせをせずに、まずはネット上で調べたい場合は、リフォーム業者の会社概要を確認しましょう。事業内容にリフォームや建設の他に不動産業と記載がある場合は、不動産事業を兼業しています。

また、リフォーム会社名とは別会社名で不動産事業を展開している場合もあります。その場合、関連会社欄に不動産会社名が記載されています。また、会社ホームページがなく会社概要が確認できない場合は、国土交通省のホームページから不動産兼業かを調べることができます。

建設業者宅建業者等企業情報検索システムの「業者統括検索」に、リフォーム業者名を入力します。検索結果一覧の「建設」「宅建」両方に同会社名があれば兼業している可能性が高いです。全国の同会社名がヒットしてしまうので、リフォーム業社の住所と一致する会社の「宅建」ページをクリックして詳細を確認します。兼業の欄に「建設」とあればリフォーム業と不動産業を兼業している会社とわかります。

「仮住まい専用自社物件」を紹介してくれるリフォーム業者を探す方法は、仮住まいを検討している地域名とキーワードを合わせて検索するのがおすすめです。

例えば「東京 リフォーム 仮住まい 自社物件」「仮住まい 23区 建設業 自社物件」など組み合わせて検索していくと見つかりやすいです。

なかなか仮住まい専用自社物件を紹介してくれるリフォーム業者が見つからない場合は、リフォーム業者の仲介サイトを使う方法もあります。登録されているリフォーム業者の中から、リクエストに応じた業者を紹介してもらうことができます。

初期費用を抑えた「仮住まい」をリフォーム業者から紹介してもらう【交渉方法】

リフォームでお金がかかる為、なるべく仮住まいにかかる初期費用や経費は抑えたいですよね。仮住まいの初期費用を抑えるために知っておきたい交渉ポイントを紹介します。「短期賃貸仲介」の場合、初期費用の中でも一番交渉しやすいのは、不動産会社に払う仲介手数料です。仲介手数料は賃料の0.5ヵ月~1ヵ月かかります。不動産会社経由でリフォーム業者に仮住まいを紹介してもらう場合は、仲介手数料を交渉してみましょう。仲介手数料が無料になることもあります。

例えば、「仲介手数料のかからないUR賃貸と比較しているが、仲介手数料を割り引いてくれるなら今日この物件に申し込みする」など相手にもメリットのある交渉をするのがポイントです。言いにくい交渉も、リフォーム業者と繋がりがある不動産会社なら、リフォーム業者の担当者から交渉してもらうことができます。

リフォーム業者を検討中なら、複数社に問い合わせて仮住まいの初期費用を優待してくれる会社を選びましょう。リフォーム業者を選ぶ際、リフォームにかかる金額だけでなく、仮住まいにかかる金額も含めて見積もりをとるのがポイントです。

仮住まいは、リフォーム期間を決めた上で家族構成や荷物量にあった物件を紹介されますので、複数社に相談をしてトータルの見積もりをもらうのがおすすめです。複数社に見積もりをとっていることと、初期費用を極力抑えたい旨を必ず伝えておきましょう。他社と比較されているのであれば、他社より安く提供しなければと通常価格より優待して見積もりを出す会社がほとんどだからです。

例えば、「A社はリフォームと仮住まいのトータルで〇万円だったけど、できれば御社にお願いしたいからA社より安い〇万円でお願いできないか」と交渉する方法も効果的です。「仮住まい専用自社物件」を扱うリフォーム業者は、初期費用がかからなかったり、家賃まで実質無料のケースもあります。リフォーム業者を決める前に仮住まいの希望エリアに「仮住まい専用自社物件」があるか確認しておきましょう。

リフォーム業者に紹介された仮住まいを契約する前に確認すること【最終確認】

数か月~1年という短期間ではありますが、仮住まいでの生活も快適に過ごしたいですよね。今回紹介した仮住まいの注意点の他にも、仮住まいを契約する前に確認しておきたいポイントを最後に確認しましょう。

  • ・初期費用・退去時費用・その他違約金
  • ・引っ越し費用
  • ・退去申請時期
  • ・リフォームの工期が延びたときの対応
  • ・キッチンのコンロ(ガスかIH) 
  • ・インターネット回線状況
  • ・駐輪場や駐車場
  • ・持っていける家具や荷物の量
  • ・搬入口のサイズ
  • ・トランクルームやレンタルルームが必要な場合の金額
  • ・周辺環境(スーパー・コンビニ・ドラッグストア等)
  • ・学校まで安全に通える通学路
  • ・ペット飼育や喫煙する場合の可否

契約してから失敗に気付くことにならないよう、費用面だけでなく設備や周辺環境、契約内容をよく確認してから仮住まいを決定しましょう。

リフォームでの「仮住まい」まとめ

仮住まいは入居期間に適した物件を選択しなければ割高になってしまう場合や、仮住まいに住む必要がない場合でもトランクルームを別で借りる必要な場合があります。

仮住まいを選択する上でも生活する上でも注意することがありますので損をしないように、重要なポイントを抑えて物件選びを行うことやリフォーム中の生活を送りましょう。また、スムーズに仮住まいを決定するために、工事会社の紹介を利用することや、仮住まい専門サイトを利用してみましょう。